銀行カードローンについて

シェアする

銀行の写真

借入をする際、その方法には消費者金融やクレジットカードのキャッシングやカードローンがありますが、消費者金融やクレジットカードのキャッシングとは特徴が異なるものに、銀行カードローンがあります。
銀行カードローンの特徴やメリット、デメリットについて知っておきましょう。

銀行カードローンとは?

カードローンと言われる借入には、銀行カードローンと、消費者金融や信販会社など銀行以外の金融機関が取り扱っているものがあります。
どちらも、融資限度額の範囲内で何度でも借入でき、分割して返済できる融資ですが、銀行カードローンには次のような特徴があります。

銀行カードローンは総量規制の対象外

消費者金融や信販会社のキャッシングやカードローンは賃金業法の対象になり、総量規制を守らなければなりませんので、年収の3分の1以内の借入しかできないこととなっています。
しかし、銀行カードローンは賃金業法の対象外で、銀行法が適用されるため、総量規制の対象にはなりません。
そのため借入は年収の3分の1以上も可能になります。

ただし、借入の審査において、返済能力を判断されますので、必ずしも年収の3分の1以上の借入ができるとは限りません。

借入限度額が高い銀行カードローン

それぞれの金融機関には借入限度額というものが設定されています。
消費者記入系のカードローンの場合、借入限度額は最大500万円程度のところが多いのに対し、銀行カードローンは800~1,000万円まで借入できる銀行カードローンもあります。

銀行カードローンは金利が低い

銀行カードローンは消費者金融や信販系のカードローンと比較すると、金利が低いのが特徴です。
消費者金融などの金利は上限金利が18%というケースも多いものです。
特に最初はほとんどが18%の金利となります。
その点銀行カードローンは、上限金利が14~14.6%のものが多く、利息も少ないため返済も楽になるでしょう。

銀行カードローンは審査が通りにくい?

銀行カードローンは消費者金融や信販会社のカードローンと比較して、金利が低いことや総量規制の対象外であること、借入限度額が大きいというメリットがある分、借入の審査は厳しくなっていると言われています。
消費者金融などは安定した収入があれば、比較的審査は通りやすいと言われていますが、銀行カードローンの場合、安定した収入があり、さらにゆとりがありしっかり返済できる人に融資をする、と言えます。

銀行カードローンは専業主婦でも借入できる

消費者金融は基本的に本人に収入がないと借入することはできませんが、銀行カードローンの場合は、本人に収入がなくても配偶者に収入があれば、融資が可能なケースもあります。
銀行カードローンは専業主婦でも借入できるものもあるということです。

消費者金融のメリットもある

審査が厳しいというのは、銀行カードローンの大きなデメリットと言えますが、借入ができれば金利が低く、限度額も大きいのでメリットは大きいです。
一方の消費者金融での借入にも、無利息期間が設定されていたり、審査に通れば即日の借入ができたり、といったメリットがあります。

大口の融資を希望するなら銀行カードローン

銀行カードローンの大きなメリットは、総量規制がなく、金利が低いという点です。
長期に返済することを考えると、金利は低い方を選びたいものです。
大口の融資をしてもらい、長期返済をするのであれば銀行カードローンを検討するのもオススメです。