元利均等返済について

カレンダーとお金とそろばん

住宅ローンなどの大きな買い物をすると、返済方法についてもよく検討することが必要です。
住宅ローンなどの大きな買い物の返済方法としては、元金均等返済と元利均等返済という方法が利用されます。
元利均等返済と比べると元金均等返済は返済ペースも早く、短期間で返済できるというメリットがありますが、初期の支払いが高額になります。
それは無理、という場合は元利均等返済がおススメです。
元利均等返済について説明しましょう。

元利均等返済の特徴

元利均等返済とは、元金と利息を合わせた返済額が均一である返済方法です。
元利均等返済は、元金均等返済と比べて、支払い当初の返済額を少なくすることができる方法です。
返済当初は残高も多く、利息も多いのですがその分元金の支払い分を少なくすることができるので、支払い額を一定に保つことができるのです。

元利均等返済のメリット

元利均等返済のメリットとしてよく挙げられるのが、返済額が毎月一定なので、返済計画が立てやすいことです。
自分たちの生活を返済のためにおびやかすことのないよう、無理のない返済をすることができるのもメリットです。

元利均等返済のデメリット

返済額を無理のないように設定することができるのはメリットですが、初期の返済では元金があまり減らないので、利息も大きくなりやすいです。
返済期間が長期にわたる住宅ローンなどでは、返済総額が増えるというデメリットがあります。

元金均等返済との比較

住宅ローンなどの返済方法において比較されるのは、元金均等返済です。
元金均等返済は元金の部分を返済期間で均等に割って、それに応じて利息を払っていくという方法で、元金の減るペースが早いためその分利息が減るのも早く、短期間で返済できるというメリットがあります。
ただし、当初の返済額が高額になるため、高収入のある人や貯蓄のある人でないと、返済が大変になってしまうというデメリットがあります。

元利均等返済でも返済総額を減らすことが可能

返済総額が多くなると考えると、元金均等返済の方がいいのかもしれないと思うでしょう。
しかし、初期の高額な返済は生活苦になってしまう危険性もあります。
元利均等返済においても返済総額を減らす方法があります。
それが繰上げ返済です。

繰上げ返済をすると返済額が元金にあてられるため、その分利息が減ることになります。
ボーナスが出た時や、生活に余裕が出た時に繰上げ返済を行うといいでしょう。
繰上げ返済に関しては、どのタイミングで行えばいいのかなど、よく確認することが必要です。
タイミングによっては、元金にあてられない場合もあるので、注意しましょう。

元利均等返済はこんな人に適している

返済方法を考える際に重要なのは、将来のライフプランです。
現在は結婚したてて共働きの場合、二人の収入がありますが、将来子どもができたら、奥さんは仕事を辞めることになるかもしれません。
その場合は、収入が減ってしまうので、返済額が一定の方が、返済計画を立てやすい元利均等返済の方がいいでしょう。

返済方法は自分たちの生活を考えて

元金均等返済も元利均等返済もメリットとデメリットがあります。
返済方法を決める際には、自分たちのライフプランを考えることが大切です。
無理のある返済方法にしてしまうと、さまざまなところで我慢をしなければならなかったり、収入を得るために仕事をたくさんしなければならなかったりします。
そのせいで体を壊してしまったら、今度は仕事もできなくなり収入も減ってしまいます。
無理のない返済計画と方法を検討しましょう。