元金均等返済について

シェアする

カレンダーとお金

キャッシングやカードローン、住宅ローンなどの支払い方法はいろいろあります。
分割払い、リボルビング払いなど複数の方法にはそれぞれメリットとデメリットがあり、自分に合った、また利用内容によって適した支払い方法があります。
その中で、元金均等返済といった方法があります。
あまり聞き慣れない返済方法かもしれませんが、住宅ローンなどではよく利用される方法です。
元金均等返済について説明しましょう。

元金均等返済の特徴

元金均等返済は、元金の部分を返済期間で均等に割って、元金部分の残高に応じて利息をのせていく、という返済方法です。
返済当初は利息が多いので、最初の頃は返済額が大きくなります。
しかし、返済を続けていくに従って、利息が減っていくので毎月の返済額も減っていきます。

元金均等返済のメリット

元金均等返済は元金の返済ペースが早いという特徴があります。
元金が早く減るということは、その分利息も早く減るため、返済ペースも早くなります。
そのため、短期間で返済できるというメリットがあります。
短期間で返済できるということは、利息も減るので返済総額も少なくなるというメリットもあります。

元金均等返済のデメリット

元金が早く返済されるため、利息も早いペースで返済でき、短期間で返済できるというメリットのある元金均等返済ですが、デメリットは初期の返済に大きな負担がかかることです。
そのため、最初に貯蓄のない人や返済額を大きくできない人には好まれない方法でもあります。

元金均等返済をするためには?

元金均等返済をするためには、最初にお金を持っていることが必要になります。
住宅ローンなどを組む際には頭金なども必要になるため、そのうえで最初に多額の返済をするのは簡単なことではありません。
元金均等返済をするには、ある程度の貯蓄が必要です。
また、最初の1ヵ月だけたくさん支払えばいいということではないので、ある程度の収入がないと、支払いを続けていくことができないということも、念頭に置いておきましょう。

元利均等返済との比較

住宅ローンなどの大きな買い物をする際に利用される返済方法には、元金均等返済のほか、元利均等返済があります。
元利均等返済は、元金と利息を泡得た返済額は変わらないのですが、返済金額の元金と利息の割合が変わっていくのが特徴です。
元利均等返済は返済額を無理なく設定することができるというメリットがありますが、初期の返済においては元金の減りが少ないため、利息が大きくなってしまうのです。
そのため、返済総額が大きくなるというデメリットがあります。

元金均等返済を選んだ方がいいケース

元金均等返済と元利均等返済、どちらを選ぶかは迷うことも多いでしょう。
選択するポイントとしては、現在の貯蓄なども含め、将来の設計図が必要です。
すでに子どもも育ち、高収入で生活をしていけるのであれば、元金均等返済の方が、将来金利が上がったとしても、影響が少ないというメリットが考えられます。

元金均等返済をする際にはライフスタイルを考えて

元金均等返済と元利均等返済では、元金均等返済の方がメリットは大きいと感じるかもしれません。
しかし、初期の返済額は大きくなります。
無理をして返済計画を立てると、あれも我慢しなければならない、お金がかかるからこれも我慢しなければならない、などといった生活をすることになる可能性もあります。
それでは楽しい生活を送ることができず、ストレスを溜めてしまうでしょう。
返済方法はライフスタイルを含めて、自分に合った方法で返済をしましょう。