CICについて

クレジットカードとスマホ

キャッシングやカードローンを利用した際に、返済が延滞したりすると信用情報機関に掲載されることになります。
信用情報機関に事故情報が掲載されると、新規の借入やクレジットカードの作成が一定期間できなくなります。
信用情報機関は複数あります。その一つである、CICについて説明しましょう。

CICとは?

信用情報機関の一つであるCICは、消費者のクレジットカードや消費者ローンに関する信用情報を、加盟しているクレジット会社などから照会の依頼があった際に情報を提供している機関です。
CICはクレジット会社の共同出資によって、昭和59年に設立され、主にローン販売や消費者ローンなどのクレジット事業などを営む企業を会員としています。
CICの加盟会員は、信販会社、百貨店、専門店会、流通系クレジット会社、銀行系クレジット会社、家電メーカー系クレジット会社、自動車メーカー系クレジット会社、リース会社、保険会社、保証会社、銀行、消費者金融会社、携帯電話会社などです。

CICの役割

CICには、次のような役割があります。

消費者の支払い能力に応じた適正なクレジット契約

むやみにクレジット契約を結ぶと、返済が滞納したり、返済できなかったりすることがあります。
また利用者にとっても、返済能力に合っていないクレジット契約は、借り過ぎや多重債務などつながります。
そういったことを防ぐために、CICでは利用者にとって無理のない契約か、支払い能力はあるか、などをクレジット会社などが判断するための情報を提供しています。

迅速な情報提供

クレジット会社がクレジット契約において、迅速に正確に行うために、また利用者にとっても迅速な審査を行うためにも、CICは迅速な情報提供を行います。

多重債務・自己破産の防止

CICは利用者の返済能力を超えた多額の借入などが行われないよう、チェックをする役割を担います。
その役割を果たすために、CICはクレジット会社の審査のための基礎特定信用情報を提供しています。
さらにCICは、総量規制の実施のための個人信用情報を提供しています。

信用情報とは?

CICに掲載されている基礎特定信用情報には、氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先、運転免許証の番号、本人確認書類の記号番号といった本人を識別するための情報や、クレジットの契約年月日、クレジットの債務残高、年間支払見込み額、クレジットの債務や手数料の支払いの遅延の有無、契約している商品について、などが掲載されています。

CICに掲載されている個人信用情報としては、氏名、住所、生年月日、電話番号、勤務先、運転免許証の番号、本人確認書類の記号番号、配偶者貸し付けの場合は、配偶者の情報、契約年月日、貸し付けの金額、貸し付けの残高、元本または利息の支払いの遅延の有無、総量規制の対象外の契約に該当する場合にはその内容、などが掲載されています。

審査に落ちるのはデメリットではない?

キャッシングやクレジットカードの作成において審査に通らないと、がっかりしてしまうでしょう。
焦って何社も申し込んでも、審査に落ち続けるとさらにCICのような信用情報機関にその情報が掲載されて、審査に通りにくくなります。
しかし、審査に通らないということは、キャッシングをしない方がいいですよ、と言ってくれているということです。
もしそこで審査に通ってしまったら、支払いに困って多重債務につながってしまう可能性があるのです。
審査に落ちるということは、デメリットととらえずに、これ以上借入などをしないよう、生活を改めるきっかけととらえるといいでしょう。