キャッシングについて

シェアする

札束

急に大きな金額のお金が必要になった、生活費が足りなくなった、大きな買い物をしたい、などさまざまな理由でキャッシングをする人も少なくありません。
現在では窓口などに行かなくてもお金を借りることができるなど、簡単に利用できることもあり、気軽にキャッシングをするケースが増えています。
便利なキャッシングですが、デメリットもしっかりと押さえておかなければなりません。
そうしないと、返済に苦しむことになるので、注意が必要です。

キャッシングとは?

そもそもキャッシングとはどういったものなのでしょうか?
キャッシングとは、「信用」を担保に小口のお金を貸すサービスのことです。
お金を借りるのに、担保や保証人の必要がなく、お金を借りることができます。

キャッシングのメリットとは?

多くの人が利用しているキャッシングにはどのようなメリットがあるでしょうか?

すぐにお金を借りることができる

申し込みをして審査に通れば、すぐにでもお金を借りることが可能です。
申し込みの際に決められた利用限度内において、いつでも借りることができるのもメリットです。
コンビニのATMなども利用でき、どこでもすぐにお金を引き出すことができます。

申し込みも返済も窓口に行かずにすむ

申し込みをする際も、インターネットや自動契約機などでできるので、窓口に足を運ぶ必要がありません
返済も、ATMやキャッシュディスペンサーなどで簡単にできるのもメリットです。

クレジットカードのキャッシング機能は便利

すでに契約をしているクレジットカードにもキャッシング機能がついています。
こちらはすでに申し込みをしているものなので、わざわざ審査を受ける必要もなく、そのまま利用できるのがメリットです。

すぐに返済すれば利息がつかない

業者の中には、一定期間内に返済すれば無利息という場合もあります。
短い期間で返済すれば利息も少なくてすむのです。

キャッシングのデメリットとは?

メリットの多いキャッシングですが、注意しなければならないのはデメリットです。
キャッシングのデメリットは、返済に関することです。

返済額が大きくなりやすい

どこでもお金が引き出せるという便利な機能は、まるで自分の銀行口座から引き出している感覚になってしまい、借金をしている感覚がなくなりやすいと言われています。
そのため、借りる必要がないお金まで借りてしまい、返済額が膨れ上がってしまうというデメリットがあります。

金利が高い傾向にある

金利は業者によって異なりますが、銀行のローンなどと比べると金利が高い傾向にあります。
金利が高ければ、返済金額も多くなります。
返済期間が長くなることで、利息も減らないため、結果返済金額は大きくなってしまうのです。

複数のキャッシング業者を利用しやすくなる

気が付いたら利用限度額になっていた、月々の返済のためにキャッシングをして返済している、という事態になるのは少なくありません。
そのため、1つの業者だけではなく、複数の業者と契約し、A社から借りてB社の返済にあてる、ということをしていると、アッという間に借金が大きくなってしまいます。
それが手軽に借りられるキャッシングの怖い点でもあるのです。


キャッシングは手軽に借りられるものですが、返済には利息がついてくるものです。
借りた金額だけではなく、利息も含めて返済していかなければなりません。
借金が大きくなり、返済期間が長くなればなるほど利息が増え、返済金額が増えていく、ということを念頭に置いて、借り過ぎには注意することが必要です。