ブラックリストについて

シェアする

顧客の信用情報

ブラックリストに載ると、消費者金融などの金融機関からお金を借りることができない、と言われることがあります。
自分の名前や住所などが掲載されるブラックリスト、というものは存在するのでしょうか?
あるとしたらどのようなもので、何をしたら記載されてしまうのでしょうか?
ブラックリストについて知っておきましょう。

ブラックリストと言われる個人信用情報

確かに、複数の業者から借り入れていると、審査に通らないことがあります。
しかも何社も審査に通らないこともあります。
それはブラックリストに記載されている可能性があるからです。

実際にはブラックリストというものはありませんが、それに相当するものが個人信用情報です。
個人信用情報とは、金融機関が自分の顧客のデータや情報を持ち寄ったものです。
金融機関同士は、個人信用情報を共有することで、信用できない人物の方法を把握しているのです。
審査が通らなくなるのはそのためです。

ブラックリストにはどのような情報が掲載されている?

ブラックリストと呼ばれる個人信用情報には、氏名、年齢、性別、生年月日、住所などの基本的な情報はもちろん、職業、現在の借入金額、過去の返済履歴などが掲載されています。
それらの情報はいつでも開示されるものではなく、キャッシングなどの申し込みがあった場合に、それぞれの金融機関が照会をすることで情報を見ることができます。

キャッシングをする際やクレジットカードを作る際には、無担保で保証人もない信用取引なので、審査を通すためには、申し込みをした人物が信用できるかどうかを確認することが必要です。

その情報の中に、返済の遅延、未払い、債務整理をしたことがある、自己破産をしたことがある、といった記載があれば、審査に通すことは難しくなります。

ただし、個人信用情報がすべてブラックリストということではありません。
きちんと返済できている情報をホワイト情報、返済が遅延しているなどの事故情報をブラックj情報と呼ぶことがあり、信用情報に事故情報が掲載されることをブラックリストに載る、と呼ぶ人がいるため、ブラックリストと呼ばれることがあるのです。

ブラックリストに載るブラック情報とは?

ブラックリストとも呼ばれる個人信用情報に載るブラック情報とはどういった情報でしょうか?

3ヵ月以上の支払い遅延

一般的に3ヵ月以上、支払い遅延があるとブラック情報が載ると言われています。
ただし、3ヵ月以上遅延をしていなくても、1~2ヵ月の支払いを遅延することが何度もあると、期日を守らない、返済が困難な状況、と判断されることもあるでしょう。

債務整理をした

法的な手続きを行い借金の減額をしたり、ゼロにしたりする債務整理をすると、その情報がブラックリストと呼ばれる個人信用情報に掲載されます。

ブラックリストと呼ばれる個人信用情報に掲載されるブラック情報は、一生残るものではありません。
ブラックリストに載る理由にもよりますが、5~10年と言われています。
支払いの遅延などが理由の場合は約5年、自己破産や個人再生の場合は10年以内、と言われています。

ブラックリストに載らないために

ブラックリストと呼ばれる個人信用情報にブラック情報が載れば、キャッシングもできなくなり、クレジットカードも作れなくなります。
そうならないためにも、借金やカードの返済は滞らせずにきちんとすること、が必要です。