芝信用金庫カードローン

シェアする

芝信用金庫カードローン

芝信用金庫は、東京都港区に本店を構える信用金庫で、東京都内と神奈川県の一部が営業区域になっています。

芝信用金庫カードローンは、カードローン「アイ(ai)」、しばしんカードローン、しばしん教育カードローン「まなぶ」の三種類があります。

芝信用金庫カードローンの三種類について解説します。

カードローン「アイ(ai)」の詳細情報と特徴

まずは、カードローン「アイ(ai)」の詳細情報と特徴を解説します。

カードローン「アイ(ai)」の詳細情報

利用条件
  • 満20歳以上60歳未満の人
  • 芝信用金庫の営業区域内に住んでいるまたは勤務している人
  • 勤続年数が2年以上の人
  • 安定して継続した収入がある人
  • 前年の年収が300万円以上の人
  • 株式会社セディナの保証が受けられる人
利用用途 自由(事業資金を除く)
限度額 10万円~500万円
金利 4.5%~6.8%
返済額
利用残高 返済額
100万円 1万円
200万円 2万円
300万円 3万円
500万円 6万円
申し込み方法
  • Web
  • FAX
  • 窓口

カードローン「アイ(ai)」の特徴

カードローン「アイ(ai)」の申し込み条件には勤続年数2年以上、年収300万円以上と他のカードローンと比べ条件自体も厳しく審査も厳しいことが予想されます。

しかし、その代わりに金利が非常に低く契約極度額が100万円で金利が6.8%で最低で4.5%となっており、極度額が低いコースでも金利が低く使用者にとって有利な条件で契約が可能です。

返済額に関しても、コースによって一定であるため予定が立てやすく使いやすいです。

条件に当てはまり、審査に問題ないかたにとってはかなりおすすめできるカードローンとなっています。

しばしんカードローンの詳細情報と特徴

次はしばしんカードローンの詳細情報と特徴を解説します。

しばしんカードローンの詳細情報

利用条件
  • 満20歳以上60歳未満の人
  • 芝信用金庫の営業区域内に住んでいるまたは勤務している人
  • 勤続年数が2年以上の人
  • 安定して継続した収入がある人
利用用途 自由(事業資金を除く)
限度額 100万円~500万円
申し込み方法
  • Web
  • FAX
  • 窓口

しばしんカードローンの特徴

しばしんカードローンは公式HPでも非常に情報がすくなく金利などの表記が一切ありません。

金利や保証会社などの詳細は窓口や電話で確認することになります。

あえて詳細不明なカードローンに申し込むのであればカードローン「アイ(ai)」に申し込んだ方が良いかもしれません。

しばしん教育カードローン「まなぶ」の詳細情報と特徴

使い道が限られてはいますが非常に有利な金利で契約することが可能なしばしん教育カードローン「まなぶ」について解説します。

しばしん教育カードローン「まなぶ」の詳細情報

利用条件
  • 芝信用金庫の営業区域内に住んでいるまたは勤務している人
  • 安定継続した収入がある人
  • 子供・孫・被扶養親族などが在学中または就学予定である人
  • 満20歳以上65歳未満の人
利用用途 自由(事業資金を除く)
限度額 50万円以上500万円以下
金利 変動金利
返済方法 子供・孫・被扶養親族の在学中は毎月利息のみ返済(元金返済は任意で可能)、卒業後証書貸付に切り替わり、毎月元利均等返済(融資金額の50%以内でボーナス返済併用可)
利用期間 利用期間 カードローン契約期間は5年以内 医学部などの6年制の大学などで在学予定期間が4年を超える場合は最長7年かつ卒業予定月の3カ月まで利用可能
証書貸付期間 3カ月以上10年以内(元金の返済期間)

しばしん教育カードローン「まなぶ」の金利について

しばしん教育カードローンは、子供・孫・被扶養親族などが在学期間中に利用ができるカードローンです。

使い道が限られているため金利も非常に安くなっています。

詳細情報に記載をした短期プライムレートとは、銀行が企業に融資する場合に最も信用がある企業に対して融資する場合の金利のことをいいます。

ようするに、企業に融資する場合の一番低い金利ということです。

短期プライムレートは銀行が独自に決めているものではありますが、一般の個人向けのローンに比べて低い金利になっていることが多いです。

そのような優遇された金利で借りることがありますので、お金を借りる目的が教育関連の費用であれば通常のカードローンで借りるよりも金利が非常に安くなるため、教育関連専用であるカードローンにした方がよいです。

しばしん教育カードローン「まなぶ」の返済方法

しばしん教育カードローン「まなぶ」は返済方法も通常のカードローンとは違っています。

子供・孫・被扶養親族などが在学期間中は元金の返済の必要がなく利息分を支払い、卒業してから元金を返済していくことになります。

もちろん在学中に元金の返済をしたい場合は任意で行うことも可能です。

そのため、お金のかかる在学中に負担をあまりかけずに、余裕があるときのみ元金の返済が可能ですので、お金が理由で子供の進学をあきらめるなんてことにならなくて済むかもしれません。