水戸信用金庫カードローン

シェアする

水戸信用金庫カードローン

水戸信用金庫は茨城県水戸市に本店を構える信用金庫です。

水戸信用金庫カードローンは、カードローン、みとしんきゃっする、カードローン<ポケッタブル>、みとしんシルバーきゃっする、カードローン<しんきんバリエカード>の5種類があります。

水戸信用金庫カードローンの5種類について解説します。

カードローンの詳細情報と特徴

カードローンの詳細情報を解説します。

なお、ここでいうカードローンは商品名であり一般的なカードローンではありません。

カードローンの詳細情報

利用条件
  • 公的健康保険制度に加入している人
  • 20歳以上70歳以下の人
  • 水戸信用金庫の営業区域内に住んでいるまたは勤務している人
  • 安定して継続した収入がある人
  • しんきん保証基金の保証が受けられる人
利用用途 自由(事業資金を除く)
限度額 20万円~100万円
金利 固定金利を適用
返済額
利用残高 返済額
20万円・30万円・50万円 1万円
50万円超 2万円

カードローンの特徴

加入条件が70歳以下となっているため高齢者でも申し込めるようになっています。

しかし、水戸信用金庫ではみとしんシルバーきゃっするという高齢者専用のカードローンもありますのであえてこちらを契約する必要はないです。

また、金利に関しては公式HPにも明記がなく窓口に相談しなければわからないようになっています。

用途に合わせた別のカードローンを選択するほうがよいでしょう。

みとしんきゃっするの詳細情報と特徴

みとしんきゃっするの詳細情報と特徴を解説します。

みとしんきゃっするの詳細情報

利用条件
  • 満20歳以上65歳以下の人
  • 収入の安定した人(パート・アルバイトも利用可能)
  • 専業主婦の場合は配偶者が69歳未満で安定した収入があることが条件
  • 信金ギャランティ(株)の保証が受けられる人
利用用途 自由(事業資金を除く)
限度額 50万円~500万円
金利 5.8%・7.8%・9.8%・12.0%・14.6%
返済額
利用残高 返済額
30万円 5000円
30万円超50万円以下 10,000円
50万円超70万円以下 15,000円
70万円超100万円以下 20,000円
100万円超200万円以下 30,000円
200万円超300万円以下 40,000円
300万円超500万円以下 50,000円

みとしんきゃっするの特徴

みとしんきゃっするはパート・アルバイト・専業主婦も申し込むことができる申し込みやすいカードローンです。

水戸信用金庫の普通口座を持っている場合は契約も来店の必要がないため手間も少ないです。

金利や上限金額に関していえば、一般的なカードローンであるため、選択肢の一つとしてはいいかもしれませんが他に金利の低いカードローンが見つかるかもしれません。

カードローン<ポケッタブル>の詳細情報と特徴

カードローン<ポケッタブル>の詳細情報と特徴を解説します。

カードローン<ポケッタブル>の詳細情報

利用条件
  • 満20歳以上65歳以下の人
  • 収入のある方(年金受給者・学生・パート・アルバイト)
  • SMBCファイナンスの保証が受けられる人
利用用途 自由(事業資金を除く)
限度額 10万円~90万円
金利 最大14.6%
返済額
利用限度額 返済額
10万円~50万円 1万円
60万円~90万円 2万円

カードローン<ポケッタブル>の特徴

カードローン<ポケッタブル>の特徴は、上限金額が低く、金利も若干高めである代わりに審査が通りやすく申し込みやすいカードローンです。

特に学生でも申し込みできるということが大きいでしょう。

返済額は毎月定額であるため予定が立てやすくわかりやすいカードローンです。

みとしんシルバーきゃっするの特徴

みとしんシルバーきゃっするは、最大50万円まで借り入れ可能な年金受給している人限定のカードローンです。

他社でも年金受給者用のカードローンはありますが、ほとんどの場合は自社の普通口座で年金受給をしていなければ申し込みできません。

しかし、みとしんシルバーきゃっするは他の金融機関の口座で年金受給している場合でも申し込み可能です。

しかし、他社で年金受給している場合の金利は14.6%となっていますが、水戸信用金庫で年金受給している場合は12.6%と金利優遇がありますので可能であれば年金受給の口座も水戸信用金庫にしておいたほうがいいでしょう。

しんきんバリエカードの特徴

しんきんバリエカードは、カードローンのローンカードとクレジットカードが一体化した便利なサービスです。

契約極度額は50万円と小さめですが、普段クレジットカードとして利用をして現金が必要となって場合はローンカードとして利用することが可能です。

金利は14.6%と少々高めではありますがいざという時のために持っておくのもよいかもしれません。

返済額は、クレカ利用の場合とローンカードとしての利用ともに10000円となっており、クレカで使用した場合はリボ払いとして扱われます。

そのため、クレカとしてではなくATMなどで現金で借り入れしてから買い物という形ではなく直接レジで借り入れができるカードローンという感覚でしょう。