長浜信用金庫カードローン

シェアする

長浜信用金庫カードローン

長浜信用金庫カードローンの利用価値

長浜信用金庫は、複数のカードローンを提供していることで話題になりました。

いまではシンプルに「長浜信用金庫カードローン」と「きゃっする」、そしてフリーローンは「モア」という名前で提供しています。

長浜信用金庫カードローンの利用価値はどれほどのものなのでしょうか?

少し見ていきましょう。

申し込み条件を確認しておく

長浜信用金庫カードローンは借りやすいのでしょうか?

借りやすいとはっきり言うことができます。

まず、長浜信用金庫カードローンを申し込むことのできる条件を見ておきましょう。

条件を満たしていないなら、いくら他の面で申し分なくても自動的に却下されてしまいますので注意してください。

金利 12.00%
限度額 10万~100万円
申し込み方法
  • 年齢は満20歳以上満65歳未満
  • 長浜信用金庫の営業エリア内に居住または勤務している
  • しんきん保証基金の保証が受けられる
  • 安定継続した収入がある
利用用途 事業資金を除いて自由
必要書類 運転免許証などの本人確認書類

サラリーマンしか借りられない?

他の信用金庫の申し込み条件を見ていると、安定した収入や継続的な収入があるという部分に、「パートやアルバイトの人でもOK」としているところがあります。

でも長浜信用金庫カードローンの申し込み条件をしっかり見ていても、「パートやアルバイトの人でも大丈夫ですよ」とは書かれていません。

ということは、安定した収入のあるサラリーマンなどが利用するカードローンということになるのでしょうか?

50万円以下なら不問が嬉しい

「パートやアルバイトが借りられないなら自分の場合も無理」とあきらめてしまう必要はありません。

もし借り入れを希望している金額が50万円以下なら、長浜信用金庫カードローンの場合は安定した収入があるかどうかなどにかかわりなく、不問で融資してくれるようになっています。

これはほかの信用金庫では定めていない条件です。

急な出費で困る場合など、たいていは50万円以下でおさまると思います。

そうであれば、長浜信用金庫カードローンには利用価値が高いと言えますし、審査の基準も限りなく低いと言えます。

長く付き合える

長浜信用金庫カードローンでは、契約期間が3年となっています。

契約期間があって、しかも3年と聞くと不安に思うかもしれませんが、何も問題がなければそのまま自動的に更新されます。

問題というのは、著しい返済の遅延、延滞などです。

通常の取引を繰り返している場合は、長く使えるのが特徴です。

最後に使えなくなるのは、更新をすることによって次の期間に満70歳を迎えることになるタイミングです。

返済方式も柔軟で使いやすい

ついつい「貸してもらえるか」ということだけに意識を向けてしまいがちですが、借りることができたら、その後にも目を向けておきたいものです。

長浜信用金庫カードローンの場合、返済は基本的に約定返済方式となっており、これは銀行カードローンや他の信用金庫のカードローンと大きな差はありません。

前月の借入残高に応じて、翌月の返済金額が自動的に決まっていきます。

この方式によって無理なく返済できます。

もっと返したい場合は任意での返済が可能です。

長浜信用金庫カードローンにはメリットがある?

長浜信用金庫の営業エリアに住んでいるなら、1つの選択肢として検討できますが、他にもいまではたくさんのカードローンがあって、利用者は好みで選ぶことができます。

そんな中でわざわざ長浜信用金庫カードローンを選ぶとしたら、そこにはどんな理由があるのでしょうか?

手続きはシンプルではない

長浜信用金庫カードローンは、営業エリアに住んでいるか勤めていることを条件に申し込みができるので、基本的にはカードローンの利用のためには少なくとも一度は店頭に出かけて行かなければなりません。

ネット上ですべてのやり取りができて振り込まれるカードローンと比べるといくらか煩雑ですが、安心の信用金庫で借り入れをしたいという方は、何かのついでに窓口へ出かけていけばいいのでそれほど手間ではないのかもしれません。

そのスペックは?

借り入れ極度額に応じて金利の設定が変わるカードローンが多い中で、長浜信用金庫カードローンは固定金利を導入しています。

特に少額の融資を受けることを繰り返している場合、他行や他の信用金庫では14%台の金利になっていることも多いので、メリットがあると言えます。

借り入れ金額によっては金利面でのメリットが少ない場合もあるので、まずは比較してみることをおすすめします。

50万円以下は不問の意味

長浜信用金庫カードローンの特徴として、50万円以下の融資を希望する場合には基本的に安定した収入があるかどうかなどは不問です。

でもだからと言って誰でも借りられるというわけではなく、保証会社の保証を受けることができるは条件の1つになっています。

保証はしんきん保証基金が行っています。

信用情報に問題がなければ審査は問題ない

審査に通過するかどうかで、属性を気にする声が多くあります。

たしかに、パートやアルバイト、専業主婦は自動的に対象外になってしまうところも少なくありません。

長浜信用金庫カードローンはそうではなく、属性というよりも信用情報に問題がなければ審査に通ることができます。

これまでに何度も延滞や遅延を繰り返していたり、複数の会社からの借り入れがあって、いまでも複数の会社に申し込みを繰り返したりと、問題行動がなければ十分に融資可能です。

まとめ

長浜信用金庫カードローンは、特に50万円以下の借り入れを検討している方にとって便利です。

安定した収入があるかどうか問われませんし、金利も固定で12%です。