アイフルの自動契約機の利用方法と注意点

シェアする

アイフルのてまいらず

アイフルの自動契約機「てまいらず」では、備え付けの電話でオペレーターの電話に答えるだけで申し込みできるので、機械の操作が苦手な方にもおおすすめです。

しかし自動契約機について詳しく説明されることは少ないので、実際に中がどういう風になっているのか、またどんな風に申し込みが進んでいくのか分からないことは多いでしょう。

そこでこの記事では、アイフルの自動契約機「てまいらず」の仕組みや利用方法を解説。アイフルの申し込み方法で悩んでいる方はぜひ参考にしてください。

アイフルの自動契約機「てまいらず」とは?

アイフルてまいらずの写真

通常の自動契約機では、自分で機械を操作して申し込み手続きを進めなければなりません。

近くに相談できる人もいないので、機械の操作が分からなくなったり、急に不安になったりする方も多いのです。

しかしアイフルのてまいらずであれば、備え付けの電話を使って専属のオペレーターと相談しながら手続きを進めることができるので、簡単に申し込むことができます。

またカードローンについて分からないことなども気軽に相談することができるので、初めてカードローンを利用する方にも安心です。

ただし極力人と会話せずにお金を借りたい方などは、てまいらずではなく他のカードローンを利用した方がいいでしょう。

てまいらずの申し込み方法

備え付けの電話の1番をプッシュ

アイフルの無人契約ボックスに入れば、机の上に電話が置かれているので、1番をプッシュして電話をかけましょう。

てまいらず専属のオペレーターが対応へと繋がり、訊かれたことに答えていく形で申し込み手続きを進めていきます。

※申込書に自ら記入して申し込むこともできます。

申し込みでは何が訊かれるの?

カードローンの審査で必要な情報を訊かれていきます。

たとえば氏名や住所などのほかに、勤務先や勤続年数などを訊いて返済能力の有無を確かめます。

また申し込みで訊かれた情報を基に、個人の信用情報を調べて、これまで利用してきたカードローンやクレジットカードの履歴も確認されます。

申し込み情報で嘘をついたとしても、信用情報や本人確認書類を確認すればすぐにばれてしまうので注意しましょう。

申し込み後は審査を待つ

申し込みが終わればすぐに審査が始まり、待っている間必要書類の提出などを行います。

無人契約ボックスの中にはスキャンが備え付けられているので、書類をスキャンすることで簡単に書類提出を終わらせることができます。

まあ審査を待っている間、契約内容や規約などを確認することもできます。

申し込みが終わってから大体30分程度で審査結果の連絡が行われるようになっています。

契約後はその場でカード発行

審査に通ったあとはすぐに契約手続きを行うことができます。

契約後は備え付けの機械でその場でカードを発行することができ、提携ATMからすぐに借り入れできるようになります。

カードを発行したあとは、すぐに提携ATMから借り入れできるようになっています。急いでいる方は隣に設置されているアイフルのATMを利用するといいでしょう。

※店舗によってはアイフルのATMが設置されていません。

てまいらずの営業時間について

てまいらずは基本的に8:00~22:00まで営業しています。

店舗によっては開店時間が遅かったり、閉店時間が遅かったりするので、利用する前に確認しておくことをおすすめします。

また土日でも営業していますが、中には土日だけ営業時間が異なる店舗もあるのでご注意を。

てまいらずの設置されている場所は、アイフルの公式サイトの店舗検索から簡単に探すことができます。絞り込み条件で無人契約ルームにチェックを入れて、希望する地域で検索するようにしましょう。

てまいらずの注意点

不審な行動は取らないように注意!

アイフルのてまいらずは無人店舗ですが、室内は隠しカメラで監視されているので注意しましょう。

自動契約機を利用した場合、申し込み情報だけでなく挙動や服装などもチェックされます。

不審な行動を取っていると怪しい人物として、アイフルからの信頼を損ねることになるので、自然体の行動を心掛けましょう。

また服装もわざわざスーツなど着る必要はないですが、見るからにぼろぼろの服装で行くのはやめておきましょう。

どんな理由であっても担当者が危ないと判断すれば、審査には通らないのでご注意ください。

審査を待つ間は店舗から出られないので注意!

自動契約機で申し込んだ場合、審査を待っている間店舗から外に出ることはできません。

外から人が入ってくることのないようにロックされており、開錠することもできますが、申し込みは無効となる危険性があります。

申し込みから契約まで1時間程度かかってしまうので、お手洗いなどは申し込む前に済ませておくようにしましょう。

申し込み時間によっては即日融資を受けられないので注意!

アイフルのてまいらずは22:00まで営業していますが、21:50に申し込んだからといって、即日融資を受けることはできません。

審査には最短でも30分はかかってしまうので、途中で22:00を過ぎてしまえば、続きは翌営業日以降となります。

その他手続きにかかる時間を考えても、21:00には申し込みはじめておくようにしましょう。

てまいらずに関するQ&A

最後にてまいらずに関するよくある質問と答えを解説していきます。

本当に店舗には誰もいないの?

アイフルの無人契約ボックスを見て分かるように、ボックスの中には自分以外誰もいません。

その他の消費者金融の自動契約機では、防犯上の理由から店舗内のどこかに従業員が待機していることもありますが、アイフルはボックス型の店舗なので従業員が待機していることはありません。

そのため誰にも顔を合わせずにカードローンを利用したい方にもおすすめです。

全国に何店舗あるの?

アイフルの自動契約機は全国に700店舗以上設置されています。

消費者金融の自動契約機としては、アコム・プロミスに次ぐ規模の大きさです。

全国各地に店舗が設置されているので、一度は見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。

駅前や駅の近くに無人店舗があるケースが多いです。

ネット申し込みとどちらが審査は早いの?

アイフルの場合、ネットから申し込んでも自動契約機で申し込んでも、審査にかかる時間は変わりません。

しかし自動契約機の場合、書類提出など手続きを早く終わらせることができれるので、融資ま出にかかる時間は自動契約機の方が早いです。

ただし自動契約機は申し込みから契約まで店舗に拘束されてしまうのが難点です。

そこで待っている時間がもったいないという方は、ネット申し込みと自動契約機の併用をおすすめします。

申し込みと審査をネット手続きで終わらせておき、自動契約機でカード発行だけを済ませるのです。

そうすることで拘束時間をかぎりなく少なくすることができます。

まとめ

アイフルのてまいらずは、機械の操作が苦手な方や、一人で申し込むのが苦手な方におすすめです。

申し込みから融資まで最短で終わらせることができるので、とにかく急いで融資を受けたいという方は自動契約機を利用してみるといいでしょう。

また時間を有効活用したいという方は、ネット申し込みとてまいらずの併用をおすすめします。