借金の取り立てに苦しんで自殺まで考えたEさんの体験談

シェアする

借金の取り立てを行う違法業者

よくドラマなどで借金取りが自宅まで取り立てにやってくるといったシーンが描かれています。しかし、現在では法整備が進められていますので、それほどまで厳しい取り立てはできなくなりました。
そのため、借金取りが家にやってくる…なんて話はフィクションの中だけのものになったと私は考えていました。

しかし、借り入れ先を間違えてしまうと、現在でも厳しい取り立てに苦しむ事になってしまう事を、私は身をもって知りました。

そもそも、私は借金というものについてかなり甘い考えを持っていました。もちろん、借りたものを返済するのは当然の事ではありますが、万が一返済ができなくなってしまったとしても、それほど苦しい思いをする事なんてないと考えていたのです。
実際に、これまでに何度かクレジットカードなどの支払いを滞納した事がありましたが、遅れてもちゃんと支払えばこれまで通りにカードを使う事はできましたし、支払い督促の手紙がポストに入れられている程度でしたので、何とも思っていませんでした。

この借金に対してルーズで甘い考えによって、私は恐ろしい目に遭う事になってしまいました。ここでは、自分への戒めとして、そしてこれから私と同じような過ちを犯してしまう人が現れないように願いつつ、体験談をお話ししたいと思います。

消費者金融の審査に落ちてしまって

当時、私はかなり生活が厳しく、急な出費が重なった事によってどうにかして生活費を借りなければならない状況となっていました。
そこで、比較的審査が甘いと言われている大手消費者金融にキャッシングの申し込みをしました。しかし、結果は審査落ちでした。
冒頭でお話しした通り、これまでクレジットカードの支払い遅延などが何度かありましたので、それが原因で審査を通過できなかったのかもしれません。それに、これまでも審査で落ちてしまった事は何度かありましたので、それほどショックを受ける事はありませんでした。しかし、どうにかしてお金を借りなければ、その月の生活を送ることができない状況でしたので、ネットを利用して、審査の甘い金融業者を探しました。

そこで、まったく聞いた事のない金融業者でしたが、審査がかなり甘いというところを見つけました。当時の私は、知らない業者であってもお金を貸してくれるのであればどこでも良いと考えていましたので、すぐに申し込みをしてしまったのです。

すると、その業者は本当に審査したの?と疑ってしまうくらいにあっさりとお金を貸してくれました。

その業者、実は闇金でした

最近では新規参入してきた消費者金融も少なくありません。なので、私はその時利用した業者も、まだ知名度がそれほど高くない新しい正規の金融業者なのだと思っていました
対応も早かったので、またお金に困ったらここに借りよう、なんて考えていたほどです。

こうして、お金を借りたまでは良かったのですが、ここでまた私の悪い癖が出てしまいます。その翌月の返済日の前にまた金欠になってしまい、返済を先延ばしにしてしまったのです。一度そのような癖がついてしまうと、なかなか抜け出す事ができなくなってしまいます。
もちろん、その業者からすぐに電話がかかってきましたが無視しました。そのうちお金がある時に返済してしまえばいい、なんて考えていたのです。

これまでの正規の消費者金融からの借り入れの場合、それでもなんとかなっていました。しかし、今回の相手は闇金です。これまでのやり方の通用する相手ではなかったのです。

家の周りに人影が

電話を無視して一週間が経った事から、部屋のチャイムが鳴る事が多くなりました。特に来客の予定もありませんでしたし、セールスも多かった事から、基本的に私はいつもチャイムを無視していました。それに、借金を返済していないことから、「もしかしたら借金取りかも…」という不安が心のどこかにあったのでしょう。
こうして、無視を続けていると、チャイムではなくドアをノックされる頻度も高くなりました。それでも私は無視し続けていると、今度は窓側に人影が見えることも多くなったのです。

その段階になって、これは確実に借金の取り立てである事をはっきりと実感しました。しかし、まだまだ金欠状態は続いていましたので、返済するにしてもお金がありません。

そのうち、時間帯に関係なく取り立ては私の部屋にやってくるようになったのです。

職場まで取り立てにやってくる?

自宅にやってくる取り立てを無視し続けていると、ついに職場にまでやってくるようになりました。
もう、周囲には私が借金を返済していない事がバレバレで、どんどん職場での居場所がなくなって行きました。

この頃になると精神的にもかなり追い詰められた状態になってしまい、自殺まで考えたほどです。

借金で苦しまないために<

最終的に、昔から関係が悪く、もう何年も連絡をとっていなかった親に泣きついて、どうにか闇金の借金を精算する事ができました。
ずっと取り立てを無視し続けた結果、金利とは別に延滞金なども加わって、当初借りていた額の倍近くにまで借金は膨れ上がっており、闇金の恐ろしさを改めて実感しました。
今回の出来事は、すべて私のルーズさに原因があります。楽をするための借金で最終的に余計苦しむ事になってしまっては何の意味もありません。