ノーローンでギャンブル費用を賄うUさんの体験談

サイコロとお金

自分で堂々と宣言するのも少しおかしな話かもしれませんが、私はギャンブル中毒状態になっています。競馬、競輪、競艇、さらにパチンコなどあらゆるギャンブルを毎日のように楽しんでいます。
こう言ってしまうと、かなりギャンブルに強く、勝ち続けていると思われるかもしれませんが、残念ながらそんな事はありません。ほとんどの方がご存知だと思いますが、ギャンブルは必ず勝てる、といったものではないのです。勝てる時もあれば、大負けしてしまう事もあります。総合的に考えると負けた額の方がやはり多くなります。
それでも、勝った時の興奮や、勝負している時の高揚感が忘れられずに、どうしてもギャンブルをやめる事はできません。

ギャンブルの費用を求めてノーローンを利用することに

しかし、当たり前の話ですがギャンブルを楽しむにはそれなりのお金がかかります。人によってはほとんどお金を使わずに楽しんでいる方もいらっしゃるかもしれません。馬券なんかは100円から買えますし、1円パチンコなんてものも人気を集めています。ですが、私のようなギャンブル狂になるとそんなわずかな勝負では満足できなくなってしまうものです。

もともと私は一般的な会社の正社員として仕事をしていますので、収入は安定しています。だからといって、こうしてギャンブルばかりをしているとお金が足りなくなってしまうこともあります。
そこで、ギャンブル費用を捻出するために利用しているのがノーローンです。一度契約すれば何度でも利用できますので非常に便利です。
ギャンブルのために借金をする、と言うとネガティブなイメージを抱く方も少なくないかもしれませんが、しっかりと返済できていれば問題はありません。実際に、私は勝負のために一時的に借りて、勝っても負けても次の給料でしっかりと返済しています。

そこで、ここではノーローンを利用してギャンブル費用をまかなう私のちょっとした体験談をご紹介したいと思います。

ノーローンはギャンブルに利用しても問題ない?

まず、ノーローンに限らず、キャッシングなどで借りたをお金をギャンブルに使ってしまってもいいのか?という点について私も最初は悩んでいました。一般的に消費者金融や銀行のキャッシングというと、生活費のためや、大きな買い物をする際などに利用するというイメージが強いものです。そのため、ギャンブルなどの娯楽に使用するのは規約違反なのでは?と不安になってしまったこともありました。
しかし、公式サイトなどで借りたお金の使途についてチェックしてみると、原則として自由となっています。
つまり、何に使っても問題ないという事になります。なのでは私のようにギャンブルに利用してもまったく問題ないのです。

ノーローンの申し込みは?

キャッシングやカードローンの申し込みは手続きが面倒…そんなイメージを持っていませんか?実は私もそう考えていました。しかし、ノーローンの場合、実際に手続きをしてみると驚くほど簡単です。
なんと、ネットだけで申し込みができてしまうのです。現代では自宅に一台はパソコンがありますよね?あるいはネットに接続できるスマートフォンやタブレットなどをお持ちの方も多いでしょう。これを利用すればいつでもどこでも申し込みができてしまうのです。
私の場合、パソコンを開くのが面倒でしたので、いつもちょっとしたネットサーフィンなどに使用しているタブレットで申し込みをしました。しっかりとタッチ操作に対応した申し込みフォームも用意されていましたので、簡単な操作ですぐに申し込みを完了できました。

ノーローンの審査の基準は?

申し込みができたら、次は審査です。私の場合、ごく一般的な会社員で他に借金があるわけでもありません。収入も安定していますので、問題なく審査に通過する事ができました。
審査にかかった時間は私の場合、2時間程度でしたが、人によってはもう少し早いケースもあるようです。
申し込みをする際に口コミなどもいろいろと見てみたのですが、全体的に審査はそれほど厳しいというわけではないようです。普通の消費者金融の審査を通過できる方であれば誰でも利用できると考えて良いでしょう。

ノーローンの返済方法は?

返済方法は口座振替です。自由に口座を指定できますので、かなり便利です。私の場合、返済は一応分割にしておいて、ギャンブルで勝った時など、余裕がある時にまとめて任意返済をするという形にしています。この方法であれば毎月の返済に困ることもありませんし、うまく任意返済できた時は利息を節約できます。

ノーローン利用の際の注意点

金利はそれほど低くはありません。なので、高額の借り入れをしてゆっくり返済する、といった使い方には向かないようです。

ノーローンで快適なギャンブルライフを!

私はこうしてノーローンを活用する事によって快適なギャンブルライフを送ることができています。あなたも挑戦してみませんか?もっと生活が豊かなものになるかもしれません。

ノーローンの詳細情報は当サイト内の記事で紹介しているので、興味のある方はぜひご覧ください。
ノーローン