ハローハッピー

シェアする

ハローハッピー

大阪市に店舗を構える消費者金融ハローハッピーのキャッシング「フリーローン」をご紹介します。パートやアルバイト、専業主婦でも一定の収入があれば相談に乗ってくれる安心の商品。金利面などで大きなメリットはないものの、人や状況によっては使い勝手のよいキャッシングです。そんなハローハッピーのサービス内容について詳しく説明します。

どこの審査にも通らなかったら、ここを頼ろう

「収入が少なすぎて、どこの業者にも相手にされない」「過去に複数の業者から借入したせいで、なかなか審査に通らない」キャッシングを利用したくても、ブラックリストに載ったりするとどんなに業者を回っても相手にしてくれません。それほど、貸金業者の情報ネットワークはしっかりしていて、返済の滞納や遅延を許しません。

しかし、1度の失敗でその後ずっとキャッシングが利用できなかったら、もったいないですよね。そんな人のためにあるのが、ハローハッピーです。この業者は、他のキャッシングと比べてとくに使いやすいというわけではありませんが、借りるあての見つからない場合、頼ってみるといいかもしれません。ピンチになったら、迷わずハローハッピーへ。

ハローハッピーってどんな会社?

ハローハッピーは大阪市に本社のある消費者金融業者です。設立は2007年ですので、貸金業法が改正されたあたりで、金融サービスを始めたことになります。そういう意味では、昔の悪い風習に染まっていない、フレッシュな消費者金融といえるのではないでしょうか。

ハローハッピーは大阪に本社があるという性格上、西日本中心に営業を展開している消費者金融業者です。そのため、関西や中国地方、九州などの西日本地域にお住まいの方は、審査に有利という見方もあるみたいです。西日本にお住まいの方はぜひともチェックしたいですね。

フリーローンの特徴

ハローハッピーには、さまざまなローンサービスがありますが、使い道自由で保証人もいらないキャッシングは「フリーローン」です。そのフリーローンは上限50万円まで借入可能、パートやアルバイト、専業主婦、個人事業主の方でも快く融資の相談に乗ってくれます。個人事業主の方に課してくれる業者はなかなかないので、自分で商売をやっている方からすれば心強いローンですね。

金利は10.00%~18.00%。消費者金融の金利でいえば平均的な利率ですね。融資額が50万円ですので、ほとんど上限金利が適用されると考えていいでしょう。

申込方法

フリーローンの申込方法は3つ。「WEB申込み」「電話での申し込み」「FAX」です。

WE申し込み

同意書をよく読んで、「同意する」ボタンを押し、「申し込み内容入力ページ」に進みます。必要事項を記入するだけでOK。ただし、誤入力などがあると、審査にも影響を及ぼし、後々泣くことにもなります。焦っているときでも間違いがないよう、くれぐれも注意しましょう。

電話申し込み

緊急で対応してもらいたい場合は、電話での申し込みが便利です。その際、スタッフの簡単な質問に答える必要があります。ハローハッピーは最短即日融資も可能ですので、電話で急ぎの用件を伝えて即日振込できないか相談するといいでしょう。

FAX申し込み

ハローハッピーのホームページから「ご融資お申し込み用紙」をダウンロードし、必要事項を記入の上、FAXします。「スムーズに手続きしてほしい!」という方におすすめの申し込み方法です。

債務整理した人でも借りられる?

一般的に消費者金融は審査が甘い、といわれますが、特定の条件があれば、そうとも限りません。それは、過去に多重債務の経歴があったり、返済を何度も遅らせて事故情報に記載があったり、債務整理の経験があったり、そうした人は消費者金融のキャッシングでもなかなか審査に通りません。

しかし、ハローハッピーは、そのような人たちにも、融資の相談窓口をオープンにしてくれています。ハローハッピーのホームページの「ご融資に関するQ&A」で、過去に自己破産の経験や複数借入がある場合でも、収支のバランスを基準に、全体を見て判断すると明記されています。

つまり、どんな消費者金融業者でも嫌がる自己破産の経験者に対しても、現状での返済能力に問題がなければ、審査に通る道も残されているわけです。ここまで間口の広いキャッシング業者は珍しいといえるのではないでしょうか。

過去に自己破産を含む債務整理の経験がある方は、キャッシングの利用がしたくてもできない状況でしょう。そのような理由でお悩みの方は、ハローハッピーに足を運んで融資の相談をしてみることをおすすめします。ただし、過去の借入情報は、すべて正直に申告するようにしてくださいね。

「今月、お財布が大ピンチ、でもどこも貸してくれない…」という方は、ハローハッピーのフリーローンにまずは相談してみてください。いい方法を提案してくれるかもしれませんよ。