関信用金庫カードローン

シェアする

関信用金庫カードローン

関信用金庫カードローンの種類

関信用金庫では3種類のカードローンが運営されていますが、その全てに共通するのが利用限度額が他の金融機関に比較して少額であるということです。

3種類のカードローンは、この中で最も規模の大きい「せきしんきゃっする」、返済の方法に特徴がある「カードローン(随時返済型)」、そして最も規模の小さい「リリーフエース」になります。この3種類のカードローンについて以下に紹介していきます。

「せきしんきゃっする」

関信用金庫におけるカードローンの中で最も規模が大きいのですが、他の金融機関のカードローンに比較するとやはり小型であると言えます。

「せきしんきゃっする」の基本性能

金利 12.5%~14.5%
限度額 50万~200万円
申し込み条件
  • 満20歳以上65歳以下で株式会社信金ギャランティの保証を受けることができる方
  • 安定した収入があり、常に連絡が取れる方
  • 関信用金庫の営業区域内に居住・勤務している方
利用用途 自由(事業性資金は除外)
必要書類 本人確認書類(運転免許証等)
担保/保証人 不要

「せきしんきゃっする」の申し込みについて

申し込みに際して担保や保証人を準備する必要は一切ありません。

加えて、専業主婦の方やパートの方も利用することができますが、年金生活者の方は利用することができません。また専業主婦の方の極度額は50万円に限定されます。

「せきしんきゃっする」の返済について

毎月10日に定額返済する方法が基本になります。

利用極度額別に定額返済額が決定され、例えば利用極度額が50万円の場合、定額返済額は毎月10000円になります。

この最低返済額10000円と利用極度額のような情報を並べて考えても、返済額は高いと言えます。また随時返済も認められています。

「カードローン(随時返済型)」

このカードローンは随時返済による返済のみに特化し、定額返済の規定を設けていない点で特徴的です。

「カードローン(随時返済型)」の基本性能

金利 固定金利年5.5%~14.5%
限度額 50万~500万円
申し込み条件
  • 関信用金庫の営業区域内に居住または勤務する満20歳以上65歳未満の方
  • 個人信用情報センターに事故登録のない方
  • しんきん保証基金からの保証を受けられる方
利用用途
  • 健康で文化的な生活を営むために必要な資金
  • 事業性資金は除外
必要書類 本人確認書類(運転免許証等)
担保/保証人 不要

「カードローン(随時返済型)」の申し込みについて

申し込みに際しては担保や保証人を準備する必要は一切ありません。

利用に際しては一金庫一店舗に限られるという条件が付随します。

申し込みに際しては事前の審査が行われ、場合によっては申し込みした方の希望に添えない形になることもあります。

新規カードの発行などに際した手数料は基本として0円です。

「カードローン(随時返済型)」の返済について

名称からも分かるようにこのカードローンでは随時返済が唯一の返済手段になります。

このため利用者のペースで返済することができる点に魅力を感じますが、一方で確実な計画に即した利用が利用者に求められるということもできます。

「リリーフエース」

最後に最も少額での融資になる「リリーフエース」の紹介をします。

「リリーフエース」の基本瀬能

金利 固定金利年5.5%~14.5%
限度額 30万円または50万円
申し込み条件
  • 満20歳以上満60歳未満の個人の方
  • 安定した収入が継続して得られ、常に連絡を取ることができる方
  • 不渡りやカード事故、ローン延滞のない方
  • 無能力者でない方
  • 個人信用情報センターに事故登録されていない方
  • 株式会社オリエントコーポレーションの保証を受けることができる方
利用用途 原則自由※事業資金や借り入れの返済資金には利用できません
必要書類 本人確認書類(運転免許証等)
担保/保証人 不要

「リリーフエース」の申し込みについて

このカードローンの申し込みについて担保や保証人は一切必要ありません。

申し込みに際しては事前に審査が行われます。

審査の結果によっては申し込みをした方の希望に沿うことができない場合もありますので、注意が必要です。

また融資金額である30万円と50万円では貸し出し基準が違うという点にも注意が必要です。

「リリーフエース」の返済について

返済については定額返済と随時返済が認められています。

定額返済に際しては貸越限度額が30万円の場合、月々の返済額は10000円、貸越限度額が50万円の場合、月々の返済額は15000円になります。

これは他の金融機関のカードローンと貸越限度額を加味して比較しても、非常に高く設定された返済額であるということができます。

関信用金庫カードローン・まとめ

関信用金庫におけるカードローンにはそのそれぞれが小粒なカードローンであるという特徴があります。

一方で随時返済のみによる返済を認め、利用者に便宜を図ったカードローンもあり、利用者に配慮の行き届いたカードローンが信用金庫の信用の下に運営されているということができます。